家族との時間を有意義に過ごすためのお金が欲しい

病気の主人との旅行のため消費者金融で借りました

病気の旦那と最後の望みを叶えるために借金をして田舎の和風温泉へ行きました。
私の夫は病気であり長生きできる保証は無く、いつ亡くなるか分からない状態でした。

 

そんな毎日を大切にしながら生きており、ある日私は温泉に行ってみたいな、と思い立ちました。
昔から旦那も温泉が好きであり、その影響で私も温泉に憧れていました。
貯金は旦那の治療費に、と残し、消費者金融で借り入れたお金で行くことになりました。

 

消費者金融はこのような旅行、遊興のための借り入れでもスムーズに承諾してくれてお金を貸してくれるので助かりました。
温泉に行きたい、と思い立った次の日にはもう消費者金融で借り入れたお金が振り込まれていました。
すぐに温泉へ行き楽しく過ごしました。

 

人生はいつ終わるか分からないと知り、お金なんて微々たる悩みだといった考えを持つようになりました。
どうせ生きているのですから、借金をしてでも楽しみ、悔いの無い人生を送るべきです。

 

>>街金情報